The 44th meeting of the Japanese Society for Mycoplasmology
日本マイコプラズマ学会 第44回学術集会
     
   44回日本マイコプラズマ学会学術集会プログラム・日程表
会期:2017年5月26日(金)~27日(土)
会場:幕張メッセ 国際会議場 〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

学術集会長 松田 和洋
(エムバイオテック株式会社マイコプラズマ感染症研究センター長)

 
一般演題の募集は終了いたしました。。
 
ホームご挨拶開催概要一般演題登録演題採択一覧プログラム・日程表発表者の皆様へ参加者の皆様へ会場・交通案内宿泊案内協賛企業一覧ディズニーランドリンク

学術集会プログラム
以下にPDFを掲載しました。
抄録集(ホームページ版)

*以下を予定しております。
一般演題:ご発表 10分、質疑応答 3分
シンポジウム:ご発表 20分、4題のご発表のあとに総合討論

学術集会テーマ:マイコプラズマ感染症に対する先端的予防医療の新展開へ向けて

5月26日(金) 
9:00 ~ 9:05  開会の辞 会長挨拶 松田 和洋
9:05 ~ 9:10  来賓祝辞 千葉市副市長 神谷 俊一 様
9:10 ~ 9:20  学会会場および周辺の御案内
9:20 ~ 9:30  学術集会長 基調講演
9:30 ~10:30 一般演題 [1] 
    座長 長崎大学大学院医歯薬総合研究科感染免疫学講座臨床感染症学分野 泉川 公一
1. マイコプラズマ・ファーメンタンス感染症が原因と考えられる慢性炎症性疾患2症例
                         聖マリア病院リウマチ内科 中野 輝明
2. 慢性マイコプラズマ感染症が疑われる筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の一例
               名古屋大学大学院医学系研究科総合診療医学分野 伴 信太郎
3. 慢性上咽頭炎患者におけるマイコプラズマ脂質抗原抗体測定の臨床的意義に関する検討
                            もぎたて耳鼻咽喉科 茂木立 学
4. Comparisons of Clinical and Radiological Findings between Child and Adult Patients with Mycoplasma pneumoniae Pneumonia: Scoring System Values on Chest X-Ray
                             杏林大学呼吸器内科 皿谷 健
10:30~11:00 一般演題 [2] 
     座長 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔分子微生物学教室 佐伯 歩
1. ファイトプラズマの葉化誘導因子による多様な植物の花の葉化
                      東京大学大学院農学生命科学研究科 岩渕 望
2. ファイロジェンによる多様な植物の花の葉化の共通分子メカニズム
                     東京大学大学院農学生命科学研究科 渡邉 聖斗
11:00~12:00 一般演題 [3] 
        座長 千葉大学大学院融合科学研究科分子キラリティーセンター 西田 芳弘
1. 合成マイコプラズマ糖脂質抗原の診断利用
                千葉大学大学院分子キラリティー研究センター 福田 和男
2. Mycoplasma pneumoniae の”あし”タンパク質・P1 adhesinの機能と構造の解明
                        大阪市立大学大学院理学研究科 松本 優
3. ウレアプラズマOMC-P162株の全ゲノム解析
                     大阪母子医療センター研究所免疫部門 呉 恒寧
4. Ureaplasma parvum 感染細胞からのU. parvum 放出と二次感染メカニズムの解明
                    大阪母子医療センター研究所免疫部門 西海 史子

12:00~13:00 理事・評議員会
13:10~13:40 総会
13:50~14:50 北本賞授賞式 
           座長 久留米大学医学部感染医学講座基礎感染医学部門 桑野 剛一
        受賞講演 ウレアプラズマとヒトの流早産
                     大阪母子医療センター研究所免疫部門 柳原 格
15:00~17:00 シンポジウム1 マイコプラズマ感染症診断予防治療へのブレークスルー 
               座長 大阪市立大学大学院理学研究科      宮田 真人
                  酪農学園大学獣医学群獣医衛生学ユニット 樋口 豪紀
演題1 感染と生き残り戦略から俯瞰するモリクテス綱の運動能
                       大阪市立大学大学院理学研究科 宮田 真人
演題2 ファイトプラズマ病の診断予防治療に向けた分子生物学的研究
                            法政大学生命科学部 大島 研郎
演題3 ウシマイコプラズマによる全身性感染症 ~診断・予防・治療への問題点と解決策へ向けて~
                  酪農学園大学獣医学群獣医衛生学ユニット 樋口 豪紀
演題4 マイコプラズマ脂質抗原の構造、化学合成、診断治療への応用に向けて
           千葉大学大学院融合科学研究科分子キラリティーセンター 西田 芳弘
18:00~18:30 記念写真撮影
18:30~20:30 懇親会


527日(土)
9:00~10:00 一般演題 [4]
                      座長 川崎医科大学小児科学講座 大石 智洋
1. マクロライド耐性マイコプラズマ感染症流行期の成人マイコプラズマ肺炎入院患者における初期抗菌薬の有効性の比較検討
               長崎大学大学院医歯薬学総合研究科臨床感染症学 田代 将人
2. Mycoplasma pneumoniae に対する迅速遺伝子検査の現状
                   筑波メディカルセンター病院感染症内科 鈴木 広道
3. 2016年に、日本全国の小児マイコプラズマ感染症罹患児より分離された Mycoplasma pneumoniae の検討
                         川崎医科大学小児科学講座 大石 智洋
4. ジーンキューブ® マイコプラズマ・ニューモニエの開発
                     東洋紡株式会社診断システム事業部 川嶋 洋介
10:00~10:45 一般演題 [5]
                  座長 大阪母子医療センター研究所免疫部門 呉 恒寧
1. Mycoplasma salivarium ならびに M. pneumoniae はインフラマソームを活性化してIL-1ならびにIL-18の産生を誘導する
        北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔分子微生物学教室 佐伯 歩
2. 試験管内でセレクションされたニューキノロン耐性 Mycoplasma pneumoniae
                           神奈川県衛生研究所 大屋 日登美
3. Molecular study of Mycoplasma pneumoniae by Multilocus sequence typing
                     慶應義塾大学医学部感染症学教室 安藤 万里子
10:45~12:00 一般演題 [6]
                      座長 国立感染症研究所細菌第二部 見理 剛
1. Subcellular localization of internal structure of gliding machinery in Mycoplasma mobile
                       大阪市立大学大学院理学研究 Isil Tulum
2. Expression of whole set of internal structure for Mycoplasma mobile in Escherichia coli
                       大阪市立大学大学院理学研究科 Jia Feng
3. Mycoplasma mobile の滑走装置を局在させるGli123の構造変化
                       大阪市立大学大学院理学研究科 松生大輝
4. Mycoplasma mobile 滑走モーターの三次元像
                       大阪市立大学大学院理学研究科 豊永 拓真
5. マイコプラズマ・モービレの滑走運動に関する張力感受的なあしの動きの直接観察
                    大阪市立大学大学院理学研究科 WoongKyung Kim
12:00~13:00 ランチョンセミナー  
                        座長 倉敷中央病院呼吸器内科 石田 直
マイコプラズマ感染症の発症機構に関する最近の知見-もっと,血管性病変の病原体としての認識を-
                    医療法人徳洲会札幌徳洲会病院小児科 成田 光生
13:00~13:10 休憩
13:10~15:10 シンポジウム2 マイコプラズマ感染症に対する今の医療の盲点・問題点・解決策 
      座長 慶應義塾大学医学部感染症学教室               岩田 敏
         エムバイオテック株式会社マイコプラズマ感染症研究センター 松田 和洋
演題1 小児マイコプラズマ感染症の診断・治療における問題点      8感染対策0.5単位
                    医療法人徳洲会札幌徳洲会病院小児科 成田 光生
演題2 成人マイコプラズマ感染症の診断・治療における問題点      46咳・痰0.5単位
              NPO法人札幌せき・ぜんそく・アレルギーセンター 田中 裕士
演題3 マイコプラズマ感染症に関連する病態と鑑別の注意点 
                           15臨床問題解決のプロセス0.5単位
                   東京医科大学病院感染制御部・感染症科 渡邉 秀裕
演題4 マイコプラズマ感染症医療の現状と解決策         7医療の質と安全0.5単位
         エムバイオテック株式会社マイコプラズマ感染症研究センター 松田 和洋
(*演題名は若干変更される可能性があります。)
*シンポジウム2が、千葉県医師会より、日本医師会生涯教育認定講座に認定されました。
15:10~15:20 閉会の辞 学術集会長 松田和洋

15302200 オープション ディズニーランドツアー

 
日本マイコプラズマ学会
第44回学術集会ポスタ-PDF




   *演者や会場の都合により内容が変更になる可能性があります。何卒、ご了承の程、お願い申し上げます。  
  後援

千葉大学大学院・医学研究院、千葉大学医学部附属病院
山口大学大学院・医学系研究科、山口大学
(一財)バイオインダストリー協会
(公財)ちば国際コンベンションビューロー
千葉県、千葉市

 
  共催 5月27日のランチョンセミナーは、旭化成ファーマ株式会社との共催です。  
  抄録協賛 株式会社ミズホメディー、株式会社LSIメディエンス、Meiji Seika ファルマ株式会社   
  企業展示 株式会社ミズホメディー  
  学術集会事務局 エムバイオテック株式会社 マイコプラズマ感染症研究センター