エムバイオテック

日本語 | 簡体字中国語 | ENGLISH   



トップページ | ニュース | マイコプラズマ感染症 | 指定医療機関 | 関連サイト | 会社情報

         
     ニュース    
 
2016年9月11日
マイコプラズマ感染症 ストレス・うつ症状とマイコプラズマ感染症について 
New


2016年8月22日
マイコプラズマ感染症 神経疾患とマイコプラズマ感染症 多発性硬化症とマイコプラズマ感染について 
New


2016年8月21日
ひめのともみクリニック 指定医療機関 登録。
New


2016年8月21日
自由が丘クリニック 指定医療機関 登録。
New


2016年8月21日
もぎたて耳鼻咽喉科 指定医療機関 登録。
New


2016年6月24~25日
日本マイコプラズマ学会 第43回学術集会 マイコプラズマ感染症最先端予防医療について松田和洋が発表。

2015年10月26~27日
EY新日本クリエーション株式会社からの御推薦により、TOKYOイノベーション・リーダーズ・サミット2015に参加
エムバイオテック株式会社事業計画についてプレゼン(松田和洋)


2015年10月14~16日
Bio Japan 2015 にて、日本バイオインダストリー協会(JBA)のブースに出展


2015年9月4日
幕張メッセで開催されるアジア最大規模の分析機器・科学機器関連の展示会であるJASIS コンファレンス 2015
先端診断イノベーションフォーラム4「千葉県内で活動している健康・医療を中心としたバイオ・ライフサイエンス分野の紹介」
(主催:千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議)にて講演


2015年5月22日 
日本マイコプラズマ学会 第42回学術集会 松田和洋が北本賞を受賞
講演 「急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症への先端医療戦略」


2015年3月24・25日
日本バイオインダストリー協会(JBA)からの推薦により、東京で開催された第12回 BIO Asia International Conference
エムバイオテック株式会社事業プランプレゼンテーション


2015年3月18日
新日本有限責任監査法人 戦略マーケッツ事業部 千葉事務所主催の株式公開(IPO)セミナー in 千葉 にて、ビジネスプラン発表


2015年2月28日
第7回ヘルシィエイジング学会の学術集会長
テーマ 「認知症とヘルシィエイジング


2014年11月15日 
第19回 国際個別化医療学会 学術集会 2014 にて、松田和洋が講演
特別講演 「マイコプラズマ感染症への新しい医療戦略」

2014年10月15~17日 
BioJapan 2014 World Business Forum にて、エムバイオテック株式会社が、JBA (日本バイオインダストリー協会)バイオベンチャー共同出展パビリオンで展示
(独)中小企業基盤整備機構のブースにてプレゼンテーション

2014年9月6日 
山口県周南市での第4回周南地区栄養・点滴療法研究会にて、松田和洋が講演。特別講演 「急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症の先端医療」。


2014年6月3日 
The 20th IOM Congress (The Innernational Organization for Mycoplasmology: 国際マイコプラズマ学会)にて、
松田和洋が発表 「Vaccine and next generation diagnostics for “Mycoplasma Infectious Diseases”」


 2014年5月23日14時45分~15時 
日本マイコプラズマ学会 第41回 学術集会
特別講演 「急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症への新しい治療戦略」(松田和洋)


2014年5月18日
山口大学医学部 一般社団法人霜仁会 第43回霜仁会学術振興賞を受賞
「“マイコプラズマ感染症”を克服するためのコンパニオン診断薬およびワクチン開発」 松田和洋

2014年5月10日
第34回 茨城県造血疾患研究会、特別講演 「血液疾患とマイコプラズマ感染症」


2014年3月10~12日 
首都圏バイオネットワークのサポートにより、イタリア トリノ で開催される
BIO-EUROPE SPRING2014に参加。


2014年2月22日 
第6回ヘルシィエイジング学会学術集会
にて、松田和洋が「急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症の治療」の特別講演。


2014年2月2日
山口県周南市の市民講演会 その「痛み」の原因~画像診断でわかること、そして治療法が変わる驚くべき新事実とは~ を松田和洋が講演。


2014年1月13~15日 
首都圏バイオネットワークのサポートにより、米国サンフランシスコで開催されるBIOTECH SHOEKASE2014 に参加。


2013年11月30日 
感染症研究グローバルネットワークフォーラム 2013 のセッション1で、マイコプラズマ感染症研究センター長 松田和洋が座長を務めました。


2013年11月29日 
会社情報>会社概要、基本技術、事業内容 を更新。


2013年10月9-11日
BioJapan 2013 World Bussiness Forum に、首都圏バイオネットワークのブース(小間番号:A204)にて出展。

首都圏バイオネットワーク 講演 「アライアンスプロモーション in BioJapan2013」
・10/9 11:15~11:30(日本語) マイコプラズマ感染症を克服するためのコンパニオン診断薬およびワクチン開発
・10/10 15:15~15:30(英語) Companion diagnostics and Vaccine for Mycoplasma Infectious diseases.
・10/11 12:15~12:30(日本語) マイコプラズマ感染症を克服するためのコンパニオン診断薬およびワクチン開発


2013年10月7日
医療機関のページの、「医療法人社団 仁鷹 栄町クリニック」を更新。


2013年10月4日
TAMS(多摩地区アレルギー・免疫セミナー)にて、「急性から慢性の多彩な症状を呈し難病化するマイコプラズマ感染症のコンパニオン診断薬」の講演。


2013年5月24日
日本マイコプラズマ学会第40回学術集会にて、会頭依頼講演「急性から慢性の多彩な症状を呈し化難病化するマイコプラズマ感染症のコンパニオン診断薬」を発表。


2013年3月11-13日
(一財)バイオインダストリー協会から、BIO-Europe Spring 2013(スペイン バルセロナ)に参加。


2013年2月13日
(財)ヒューマンサイエンス振興財団主催の第41回 ヒューマンサイエンス・バイオインターフェースにて
特別講演 「急性から慢性の多彩な症状を呈し化難病化するマイコプラズマ感染症のコンパニオン診断薬」


2012年10月10-12日
BioJapan 2012 World Bussiness Forum の、中小機構ブースへ出展
急性から慢性化、さらに、難病化していくマイコプラズマ感染症に対する、診断・予防・治療に関する先進技術開発とその医療への提案を行っています。関連する広い分野との連携を深めていきたいと考えています。


2012年9月
医学雑誌 Mebio 10月号 特集:マイコプラズマ感染症 マイコプラズマ感染症早期診断の新技術で技術内容について紹介


2012年4月1日
(独)中小機構千葉大亥鼻イノベーションプラザに、マイコプラズマ感染症研究センターの研究所を開設



   
   
       


トップページ | ニュース | マイコプラズマ感染症 | 指定医療機関 | 関連サイト | 会社情報

Copyright© 2013 M Bio Technology Inc. All Rights Reserved.